三九胃泰顆粒(さんきゅういたいかりゅう)

¥ 1,000 税込

加算ポイント:50pt

商品コード:

数量
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【胃腸障害】
三九胃泰は中国において最も有名な慢性胃炎治療漢方薬で、同種類製品において国内用量も輸出量もトップになっています。三九胃泰エキス剤は三九胃泰の最新製品で、従来のカプセルタイプより吸収しやすいのが特徴です。

【主成分】三椏苦、九里香、両面針、黄蓍、木香、白芍、地黄など

【効能】
胃粘膜の保護、止血、鎮痛が主なな働きの薬で、新陳代謝を促進し、体力の回復と免疫力増強に効果があり、慢性胃炎の治療に用いますが、胃痛、胃のもたれ、消化不良などにも効果的です。

【対応症】
浅表性胃炎、糜爛性胃炎、萎縮性胃炎など慢性胃炎、胃潰瘍、十二腸潰瘍、胃痛、胃の飽満感、胃酸多すぎ、上腹痛、消化不良、食べすぎ、飲みすぎによる胃の不適感など。

【症状による用法用量】
1. 普通の胃の不適感(胃飽満感、胃酸多すぎ、消化不良など)
1回1袋を1日2回。朝晩食後30分後に服用。
2. 胃痛、上腹部痛
1回1袋を1日3回、食後30分後に服用。
3. 胃潰瘍、十二指腸潰瘍
1回1袋を1日4回。6時間の間隔で服用。
4. 慢性胃炎(浅表性胃炎、糜爛性胃炎、萎縮性胃炎)
1回1袋を1日2回。朝晩食後30分後に服用。病状が重い場合、1回1~2袋を1日3回、食後30分後に服用。
5 食べすぎ、飲みすぎによる胃の不適感
1回2袋を服用。

商品名三九胃泰顆粒(さんきゅういたいかりゅう)
規格20カプセル入/箱
価格1000円・箱
製造元南方製薬廠
この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)
この商品のレビュー ☆☆☆☆☆

PAGE TOP